バイク窃盗犯の正体とは…?

窃盗犯について知る(警察庁の平成25年の犯罪情勢を参照)

オートバイ盗のキーの共犯形態別検挙数

未成年者による窃盗事件がやはり一番多い

一昔前のバイク盗難といえば、暴走族などの未成年者が自分で乗るために盗むことが多くありました。
近年はお金目的の為に、未成年者複数人で構成された窃盗団が捕まった事件などもあります。
インターネットで窃盗団の手口などを知り、未成年者の窃盗も近年手口が過激化しています。

一番怖いのはプロの窃盗団

やはり一番怖いのがプロの窃盗団です。
独自の搬送ルート(船便)で盗んだバイクを海外に持って行って売るのを職業としています。
一般の人ではなかなか手に入れられないような油圧カッターなどの特殊工具などを駆使してくるので、普通の盗難防止用品では防げません。
プロの窃盗団に盗まれないようにするのは至難の業です。