GPSでバイクの位置を特定!ココセコムで窃盗犯を逮捕!

盗まれた後にバイクを発見!

GPSとは人工衛星を利用して自分が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステムです。
盗難防止とは違いますがバイクにGPS発信器を設置していると、盗まれた後バイクの位置を調べ窃盗犯を逮捕しバイクを取り返すことが出来ます。

セキュリティ会社のSECOMが行っているココセコムなどがあります。
個人で付けれるようなGPS装置はあまり売っていません。

GPS発信装置はバイクのバッテリーから電源を基本的に取るので、装置を外されたら効果がなくなります。
アラームなどの防犯用品もバッテリーから電源を取るのが多いので、手慣れている窃盗犯はバッテリーを外したりします。

バッテリーから電源を取るタイプよりも、充電の手間が増えますが充電器タイプを選んだ方が良いと思います。
設置する場所もシート下などの安易な場所ではなく、簡単に見つからない場所に設置したほうが良いでしょう。

実際に『ココセコム』のGPSで窃盗犯を逮捕した例

盗まれたバイクに『ココセコム』が設置されていて、窃盗犯が逮捕された事例もあります。
脅し取られたバイク、位置情報通報端末で迅速に発見

使わなくなったスマートフォンを活用

GPSを内蔵しているスマートフォンに格安SIM(MVNO)を使用してGPS装置として使用する方法もあります。
ココセコムは月900円からですが、格安SIMなら月500円前後から使える物もあります。
バッテリーの問題・防水処理・車体への取り付けなど、工夫しなければいけない点も多いです。

auのあんしんGPSや、ソフトバンクのみまもりGPSなどを利用する方法もありますが、これらも工夫しなければいけない点が多いです。