あなたの街は危ない?!バイクの盗難が多い地域とは

地域によって差があるのか?

やはり地域によっても盗難が多い少ないと分かれます。
一言で言うと、都会は盗難が多く田舎では盗難が少ないです。
これは単純にバイクが多いところほど窃盗が多くなります。

つまり東京近辺、大阪近辺など都心部の人口が多いところが窃盗も多くなるということです。
バイクが少ないところに窃盗団はわざわざ行かないということです。

盗難が多い都道府県ランキング(警察庁の平成21年のまとめ)

盗難が多い都道府県ランキング

大阪府が圧倒的に盗難が多く、神奈川など人口の多い都心部が続きます。
人口の割に圧倒的に盗難が多いのが福岡県です、京都府も人口の割には盗難が多いです。
第10位の茨城県から一気に盗難が減ります。
第1位の大阪府から第9位の京都府に在住するバイク乗りの人は盗難に気をつけた方が良いと言えます。

東京都内のオートバイ盗

都内でも地域によって20倍以上も差があります

上の図は警視庁の犯罪情報マップ、平成23年10月末現在のオートバイ盗の地域ごとの発生件数です。
リンク先の右上にある「オートバイ盗」をクリックすると表示されます。さらに地図の知りたい地域をクリックすると詳細が表示されます。

色が赤い地域は339件以上も発生しています。八王子市が509件、足立区が479件と非常に高いです。
日の出町の1件をはじめ、緑の地域は20〜30件程度の地域も数多くあり、その差は20倍以上もあります。

都内在住の方は一度自身の地域の発生件数をぜひ調べてみて下さい。
発生件数が多い地域は、毎日近所でバイクが盗まれているということを自覚し、しっかり防犯をしてください。